「就業規則を作る」よりも大切なこと

「就業規則を作る」よりも大切なこと

会社のルール<作成・変更>アドバイザー
「伝える」就業規則コンサルタント
横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。

<お問い合わせはこちら>
※初回のご相談は無料です
前回、お客さまのところで
【就業規則の説明会】を行ったことについて書きました。
「就業規則」と言われるとやっぱり構えて
しまうところがあります。
「守らないといけないもの」
「ルール」
「厳しい」
「校則や法律みたいなもの」
こんなイメージがついてくるからです。
そこで「これから就業規則の説明会をします」
とは言わずに、就業時間やお休みの取り方
など「働き方のルールの説明会をします」
と言って始めるようにしています。
なるべく固くならないように。
説明会の冒頭、事業主さんに
「なぜ就業規則をつくろうと思ったのか」
「就業規則を土台にしてこれから会社をどうしていきたいのか」
といった会社に対する想いやビジョンを
話してもらいます。
一つのルールを作るわけですから、
全員にプラスになることばかりでは
ありません。
少し、従業員さんにもがまんしてもらう
ところが出てきます。
その代り、会社としても就業時間や休日、
給与などを明文化して、従業員さんに
対して権利としてそれを認めるのです。
それは会社にとってある意味、リスクでも
あります。
それでもなお、就業規則を作るのには
それなりの理由があります。
会社もスポーツも同じです。
一人で壁に向かってボールを投げる、
ボールを蹴る、だけだったらルールは
必要ありません。
しかし、人数が増えてくるとルールが
ないとみんなが気持ちよくプレーできません。
僕は、就業規則を作ることよりも
事業主さんがそういったことを考えて
「就業規則を作ろう」と思ったその気持ち
がなによりも大切だと思います。
ですので、それを「伝える」ことを重視
したいと考えています。
↓ブログランキングに参加しています

いつも応援ありがとうございます
◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【FaceBookページを作成しました】
初めての就業規則【作成】【変更】講座

【友達申請お待ちしています】
>>FaceBook
「ブログから」と一言添えていただけると嬉しいです^^
【川崎市産業振興財団さんの「派遣専門家」に認定されました】
川崎市産業振興財団とは?
専門家一覧(社会保険労務士)
【助成金紹介サイト「みんなの助成金」にコラムを執筆しました】
みんなの助成金
【ラジオに出演しました】
FMカオン「『富澤泰之のみんなの相談室』:毎週月曜日放送」

【次世代士業コミュニティ士業団に参加しました】
士業団

【NPO法人ジコサポ日本に参加しました】
NPO法人ジコサポ日本とは?
・交通事故に合われた方の悩みを総合的に解決します
・理念に共感していただけるメンバーも募集中です
→興味のある方はメッセージお待ちしています

【作る・伝える・改善する】就業規則「作成・変更・導入」サポート
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
社会保険労務士事務所 人事労務アシスト
社会保険労務士 久保田 慎平
〒231-0027
横浜市中区扇町1-1-16-408
<お問い合わせフォーム>

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709