病気(治療)と仕事の両立「脳卒中」と「肝疾患」

病気(治療)と仕事の両立「脳卒中」と「肝疾患」

厚生労働省から「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」が公開されています。

人材不足が進んでいく中で、「病気と仕事の両立」「仕事と治療の両立」は、大きなテーマとなっていきます。

そこに新たに「脳卒中に関する留意事項」および「肝疾患に関する留意事項」が参考資料として加えられました。

■脳卒中に関する留意事項のポイント
・再発等予防・治療のための配慮
・障害特性に応じた配慮
・復職後の職場適応とメンタルヘルス

■肝疾患に関する留意事項のポイント
・肝疾患の特徴を踏まえた対応
・肝疾患に対する不正確な理解・知識に伴う問題への対応

今現在、対象者がいなかったとしても、対策を考えておくことはとても意味のあることです。

「こうした対策をとっている」あるいは「こうした対策を考えている」ということを内外へ発信することによって、

○離職の防止
○社員に安心感を与えモチベーションアップ
○内外へアピールすることによる採用力のアップ
といった効果が見込まれます。

取り組み方法がわからない、といった事業主さんは当事務所までご相談ください。

■厚生労働省
事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709