訪問介護事業所・登録型ヘルパー等の就業規則

訪問介護事業所・登録型ヘルパー等の就業規則

朝に出社をして夕方になると退社するいわゆる「一般的な会社」と登録型ヘルパー等を雇用する「訪問介護事業所」は、働き方が異なります。

そのため、訪問介護事業所の事業主の方は「介護業界は特殊」「労働基準法を遵守しないといけないのはわかるが現実的には無理」と考えている人が多いように感じます。

しかし、行政の考えはまったく逆で「訪問介護事業所であっても労働基準法は適用される」という原則のもと訪問介護事業所に対する指導や取り締まりを進めています。

厚生労働省は、訪問介護事業所の労働基準法等の法令順守のために
<訪問介護労働者の法定労働条件の確保について>
(通達:平成16年8月27日付け基発第0827001号)
を発出しています。

この通達の冒頭では明確に「法定労働条件の確保」を謳っています。

「介護業界は特殊である」という考えのものと労働基準法から目を背けていると今後、労働基準監督署による指導の対象となるだけでなく「人材確保」の面でも確実に不利になるものと思われます。

今後、訪問介護事業所の就業規則・労務管理の課題は「労働基準法と介護保険法」の両方をいかに遵守していくか、というところにあると考えます。

この通達のポイントは以下の通りです。

1.定義
○訪問介護員(登録型ヘルパー)は、労働基準法第9条の労働者に該当するものと考えられる。

○登録型ヘルパー等、①短時間で雇用される、②月または週の労働時間が一定期間ごとの勤務表によって指定され固定されていない、③ご利用者からの急な需要があった場合にのみ雇い入れられるような者に対して、労働基準法関係法令上の問題点が多くみられる。

→以上のように指摘しており労働基準法等の関係法令を順守することが求められています。

2.訪問介護労働者の法定労働条件の確保上の問題点及びこれに関連する法令の適用
(1)労働条件の明示
事業主は正規職員、パートタイマー、アルバイト等、働き方に関わらず、雇い入れの際には、書面で労働条件を明示する必要があります。

トラブルになりやすい①労働契約の期間、②就業の場所及び従事する業務、については特に留意する必要があります。

(2)労働時間及びその把握
「訪問介護事業所の働き方は特殊」と言われる理由である次の4点については、特に注意する必要があります。

①移動時間
②業務報告書等の作成時間
③待機時間
④研修に要する時間

→この4点について、訪問介護事業所の事業主の方は「介護サービスを提供している時間ではない」ことを理由に無給としているケースがあります。

→この4点について、原則的には「労働時間に当たる」と考えた方が良いでしょう。

→この時間を無給にした場合「未払い賃金が発生する」リスクがあります。

(3)休業手当
いわゆる「キャンセル」が発生した場合の対応が問題になります。

キャンセルにより就業ができないという事態になったとき、事業主の対応によっては「休業手当(労働基準法第26条)」を支払う必要性が生じます。

→事業主の対応によっては実際に就業していなくても「平均賃金の60%」の支払い義務が生じます。

→これを支払わない場合「未払い賃金が発生する」リスクがあります。

(4)移動時間に関する賃金の算定
「移動時間」は原則的には労働時間と考えられるので賃金の支払い義務が発生します。

○通勤時間
ご利用者様の居宅へ直行直帰するような場合、居宅での業務時間の前後の移動は「通勤時間」となりますから労働時間にはなりません。

○移動時間
出勤 → ご利用者様A宅 → ご利用者様B宅 → 退勤
という場合、A宅からB宅への移動は「移動時間」として労働時間になる場合があります。

→必ずしも移動時間のすべてが労働時間になるとは限りません。

(5)年次有給休暇の付与
年次有給休暇は、雇い入れ後6箇月を経過した労働者に付与されます(労働基準法第39条)。

例えば、「1箇月契約を更新して6箇月を経過した場合」や「3箇月契約を更新して6箇月を経過した場合」でも年次有給休暇は、付与されます。

→1回ごとの契約期間に関係なく実態として6箇月に達した場合には年次有給休暇が発生します。

(6)就業規則の作成及び周知
就業規則は「常時10人以上の労働者」を雇用する場合には、労働基準監督署へ届け出る必要があります。

ここで言う「常時10人」は、正規職員だけではなく短時間の登録型ヘルパー等も含むことに注意が必要です。

(7)労働者名簿及び賃金台帳の調整及び保存
すべての事業主は、労働者名簿及び賃金台帳を作成する義務があります。

特に賃金台帳は、労働基準監督署の監督指導や年金事務所の調査の際に提出を指示されるだけではなく、様々な手続きで必要になります。

ここで記載したことは訪問介護事業所の現実とは違うと感じるかもしれませんが、就業規則をしっかりと作成することにより、法令を逸脱しないようにで現実に近いルールを作ることもできます。

法令順守がなかなか進まない業界だからこそ、法令順守の姿勢を示していけば「人材の定着」や「従業員満足度の向上」につながっていくものと考えられます。

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709