訪問介護事業所・登録型ヘルパー等の就業規則<労働時間>

訪問介護事業所・登録型ヘルパー等の就業規則<労働時間>

訪問介護事業所に限らず「労働時間」を適切に把握することは事業主の義務です。

登録型ヘルパー等を雇用する訪問介護事業所では、どの時間が労働時間にあたるのか判断に迷うケースも少なくありません。

一つ言えることは「介護サービスを提供している時間だけが労働時間」というわけではない、とうことです。

このような認識でいると行政の指導や調査の際に「未払い賃金」が発生していると捉えられてしまうリスクがあるので注意が必要です。

■労働時間とは
「使用者の指揮監督の下にある時間」のことを言います。

介護サービスを提供している時間に限らず、使用者の指示に基づき行われる次の時間も含みます。

①移動時間
使用者の指示によりご利用者宅間を移動。
ただし、移動の間に休憩などをとる場合で、休憩時間の自由利用が認められている時には、その休憩時間中は、賃金は発生しない。

②待機時間
使用者の指示により、急な要請に備えて待機している時間。

③引き継ぎ時間
業務の引き継ぎをするために必要な時間。

④業務報告書の作成時間
使用者の指示や業務上必要な報告書等を作成する時間。

⑤打ち合わせ、会議等の時間
介護計画の策定など、業務上必要な打ち合わせ、会議等の時間。

⑥研修時間
使用者の指示のもとに行われる研修。
使用者の明確な指示がなくても参加しないと評価に影響したり、賃金が減額されたりといった不利益を受ける研修。

⑦事業所の掃除、朝礼など
使用者の指示によって行われる施設の掃除や始業前の朝礼なども労働時間になる場合もある。

■賃金の支払い方法
就業規則に明記した上で「介護サービス提供時間」と「それ以外」の時間について、時給金額を分けて定めることも可能です。

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709