<就業規則>に規定する項目の内容┃異動・出向・転籍

お気軽にお問い合わせください。
045-550-4671
受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

<就業規則>に規定する項目の内容┃異動・出向・転籍

就業規則、賃金規程、育児介護休業規程など会社と従業員の間に適用されるものを総称して「就業規則」と言います。

その中でも「就業規則」には、労働時間や休日、休暇などについてのルールを規定します。

■就業規則の内容
※「就業規則の項目例一覧」はコチラをご覧ください。

8.異動・出向・転籍
異動・出向・転籍の言葉の意味から確認していきます。

①異動(配置転換)
同じ社内で「業務」あるいは「職場」の変更を行うことを指します。

業務命令として異動・配置転換を実施する場合には、就業規則上の根拠が必要です。

②出向
元の会社に籍を置いたままグループ会社等へ勤務をすることを言います。

出向の際には、出向元と出向先との間で「賃金の支払い方法」「出向中の労働条件」「復帰時の手続き」などを定めておく必要があります。

大手企業などで出向や人事交流が頻繁にある場合には<出向規程>を定めているケースもあります。

③転籍
転籍は、転勤や出向とは異なり他の会社へ籍(社員としての身分)も移ることになり、雇い主が変わることを意味します。

この場合は、就業規則に規定があったとしても業務命令で実施することはできず、本人の同意が必要になります。

その意味で、①異動、②出向、とは、意味合いが異なるということができます。

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。