法改正情報┃産業医の事業場の巡視頻度

お気軽にお問い合わせください。
045-550-4671
受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

法改正情報┃産業医の事業場の巡視頻度

常時50人以上の労働者を雇用する事業主は、その人数に応じた人数の産業医を選任する義務があります。

その産業医は、少なくとも月に1回、事業場を巡視することが義務付けられていますが、その巡視頻度についての制度改正があります。

■産業医の責務
労働者の健康を確保するため必要があると認めるときは、事業者に対し、労働
者の健康管理等について必要な勧告をすることができます。

産業医は、少なくとも毎月1回作業場等を巡視し、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならないこととなっています。

月の時間外労働が100時間を超えることになった時に面談による診察も産業医によって行われます。

■産業医の選任
事業主は、その事業場の規模に応じて産業医を選任します。

(1)労働者数 50 人以上 3,000 人以下の規模の事業場 ・・・ 1名以上選任
(2)労働者数 3,001 人以上の規模の事業場 ・・・ 2名以上選任

また、常時 1,000 人以上の労働者を使用する事業場と、一定の危険有害業務に常時 500
人以上の労働者を従事させる事業場では、その事業場に専属の産業医を選任しなければなりません。

■平成29年6月1日施行の法改正事項
・衛生管理者の巡視(週1回以上)
・衛生委員会等における調査審議

以上の結果、週40時間を超える時間外労働が1月当たり100時間を超えた労働者の氏名及び当該労働者に係る超えた時間に関する情報等が定期的に産業医に報告されていることを条件に次のように改正されます。

・産業医による作業場等の巡視の頻度を月1回から2か月に1回に変更することができる
(事業者の同意が必要)

この改正は、平成29年6月1日から適用されます。

■厚生労働省
・産業医について

■神奈川労働局
・産業医の職務の改正関係

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。