補助金情報┃小規模事業者持続化補助金

TEL
045-550-4671

補助金情報┃小規模事業者持続化補助金

広告やweb制作など販売促進に活用できる「小規模事業者持続化補助金」ですが、前年に引き続き今年も公募が行われる可能性が高いようです。

■小規模事業者持続化補助金
ホームページや広告、チラシの制作など事業者が販売促進や広告宣伝に取り組んだ際にその費用の一部が補助金として支給されます。

■補助金の金額
・補助率 補助対象経費の2/3以内
・補助額 上限50万円

■補助金の対象となる事業者
・卸売業・小売業:常時使用する従業員の数  5人以下
・サービス業(宿泊業・娯楽業以外):常時使用する従業員の数  5人以下
・サービス業のうち宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員の数 20人以下
・製造業その他:常時使用する従業員の数 20人以下

■厚生労働省の雇用関係助成金との違い
要件を全て満たすことで受給できる「助成金」とは異なり、補助金は必要書類を全てそろえた上で書類審査があります。

必要書類がそろっているからと言って受給できるわけではない、ということに注意が必要です。

事業の計画書に補助金の使い方などを記載し、それが事業の発展にどう結びつくのか、具体性があるか、実現可能性があるかといったことが審査されます。

また、公募期間が限られているため、補助金を受給するためにはできる限り早く、公募される前から専門家と準備を始めることが重要です。

■専門家への依頼の重要性
一般の人が公募要領等を隅々まで読み、専門家の作成した申請書類よりも高い点数を獲得し、採択されるのは困難です。

できる限り早く、準備を始める必要があります。

20180111

※この記事は、前年度までの情報を元にしています。

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。