労働者300人超の会社の義務┃「女性の活躍推進企業データベース」への登録

TEL
045-550-4671

労働者300人超の会社の義務┃「女性の活躍推進企業データベース」への登録

常用労働者を301人以上雇用する企業は、女性の活躍状況を「女性の活躍推進企業データベース」へ登録し、定期的な見直しが必要です。

これらのことを怠ると法違反となり、都道府県労働局の指導の対象となります。

■「女性活躍推進法」における企業の義務
常用労働者を301人以上雇用する企業に対して、次のことを義務付けています。

① 自社の女性の活躍に関する状況把握、課題分析
② ①を踏まえた行動計画の策定、社内周知、公表
③ 行動計画を策定した旨の都道府県労働局への届出
④ 女性の活躍に関する情報の公表(採用に占める女性割合、育休取得率、女性   管理職割合など)

■女性の活躍に関する情報の公表
ここでは「年に1回以上の更新」が義務付けられており、データ更新を怠ると都道府県労働局の指導の対象となります。

人事労務の担当者などによる定期的な対応が必要になります。

※参考サイト
・女性の活躍推進企業データベース【登録・更新はこちら】
・女性活躍推進法特集ページ【女性活躍推進法について】

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。