厚生労働省が推進するテレワークとテレワークガイドライン

TEL
045-550-4671

厚生労働省が推進するテレワークとテレワークガイドライン

厚生労働省は、時間や場所を選ばない多様な働き方の推進のために「テレワーク」の普及に力を入れています。

こうした中、テレワーク(雇用型・自営型)のガイドラインの改正が行われました。

改正されたガイドラインで示されているテレワークには【雇用型】と【自営型】の二種類が示されています。

【雇用型】
いわゆる在宅勤務の人が対象としています。

今回の改正では、サテライトオフィス勤務やモバイル勤務の人も対象に加わりました。

こうした働き方の人たちには、「労働時間の管理」や「長時間労働の抑制」などが課題になります。
【自営型】
いわゆるフリーランスの自営業者を対象にしています。

労働関係法令の保護の対象にはならないものの、「発注者」と「受注者」という立場になるため、事前に契約条件などの確認が必要になります。
雇用型のテレワークを適切に運用していくためには、IT機器の導入や取り扱い、セキュリティ対策などももちろん重要ですが、なによりも会社と労働者の信頼関係や取り決めが何よりも大切だと考えています。

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。