制度変更情報┃2018(平成30)年5月以降、マイナンバーの届け出が必要です

制度変更情報┃2018(平成30)年5月以降、マイナンバーの届け出が必要です

2018(平成30)年5月以降、雇用保険手続きにおいてマイナンバーの使用が強化されます。

以下の手続きについては、2018(平成30)年5月以降、マイナンバーの記載が無い場合には補正を求めるために返戻される場合があります。

■マイナンバーの記載が必要な手続き
① 雇用保険被保険者資格取得届
② 雇用保険被保険者資格喪失届
③ 高年齢雇用継続給付支給申請
④ 育児休業給付支給申請
⑤ 介護休業給付支給申請

平成28年1月以降に初回申請を行った「③ 高年齢雇用継続給付支給申請」「④ 育児休業給付支給申請」について、2回目以降にマイナンバーの届け出を行う場合には<個人番号登録・変更届>を合わせて届け出る必要があります。

厚生労働省のリーフレットも合わせて確認してください。
※厚生労働省ホームページ
・雇用保険手続の際には必ずマイナンバーの届出をお願いします

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709