2018(平成30)年度<おすすめ助成金>┃時間外労働等改善助成金

2018(平成30)年度<おすすめ助成金>┃時間外労働等改善助成金

2018(平成30)年度の助成金情報が明らかになってきました。

どの助成金もしっかりと申請に向けて取り組めば良い会社作りに役立ちます。

■時間外労働等改善助成金
○時間外労働上限設定コース
時間外労働が一定時間以上あった事業主が時間外労働の上限設定を見直して要件に該当した場合に次の費用の一部が助成されます。

①労務管理・勤怠管理システム等の導入
②社会保険労務士等による時間外労働を削減するコンサルティング

【助成金額】
(1)助成率
3/4
(事業規模30名以下かつ労働能率の増進に資する設備・機器等の経費が30万円を超える場合は4/5を助成)

(2)上限額
対象となる事業主が平成30年度(又は平成31年度)に有効な36協定において、時間
外労働の上限を月45時間以下、年間360時間以下に設定した場合は、上限額150万
円など

○勤務間インターバル導入コース
勤務間インターバル制度を導入するために次のような取り組みをした場合に費用の一部が助成されます。

①労務管理・勤怠管理システム等の導入
②社会保険労務士等によるコンサルティング

【助成金額】
(1)助成率
3/4
(事業規模30名以下かつ労働能率の増進に資する設備・機器等の経費が30万円を超える場合は4/5を助成)

(2)上限額
インターバル時間数等に応じて、
①9時間以上11時間未満:40万円
②11時間以上:50万円 など

今後、時間外労働の上限規制は一層、厳しくなっていくことが予想されます。

助成金を活用して、時間外労働削減に取り組むことを強くお薦めします。

※関連記事
・時間外労働の上限規制の方向性
・クラウド型勤怠管理システム「Touch On Time」

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709