従業員の健康相談窓口「産業医」

044-272-8880
受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

従業員の健康相談窓口「産業医」

ストレスチェック制度の実施に伴い注目度と重要度が上がっている産業医制度。

従業員数が50人以上の事業主であれば選任の義務がありますが。50人未満であっても従業員の健康を考える上で必要な制度といえます。

■産業医とは
一定の資格と経験を持った医師が産業医になることができます。

産業医は、労働者の健康を確保するため必要があると認めるときは、事業者に対し、労働
者の健康管理等について必要な勧告をすることができます。

■産業医の選任義務
(1)労働者数 50 人以上 3,000 人以下の規模の事業場 ・・・ 1名以上選任
(2)労働者数 3,001 人以上の規模の事業場 ・・・ 2名以上選任
「常時1000人以上の労働者を使用する事業場」「一定の有害な業務に常時500以上の労働者を従事させる事業場」については<専属>の産業医が必要になります。

■労働者数が50人に満たない場合
労働者数が50人に満たない場合であっても健康管理は重要です。

そうした企業からも「健康診断の結果などの相談窓口はないか」相談を受けることがあります。

そんな時は<地域産業保健センター>へ相談をしてみるとよいでしょう。

産業医の選任義務があるにもかかわらず選任していない事業場でメンタルヘルス不調など労働者の健康にかかわる事故が起きた場合、事業主の責任は多大なものとなります。

選任義務がない事業場であっても責任は免れません。

日ごろから、健康診断の実施や長時間労働の削減など労働者の健康管理に気を付けることが重要です。

※関連記事
・法改正情報┃産業医の事業場の巡視頻度

※厚生労働省ホームページ
・産業医について

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709