社会保険┃マイナンバーとの連携で省略できる手続きとできない手続き

TEL
045-550-4671

社会保険┃マイナンバーとの連携で省略できる手続きとできない手続き

社会保険(健康保険、厚生年金保険)分野において、マイナンバーと基礎年金番号との連携により2018(平成30)年3月5日以降、一部の手続きが省略できるようになりました。

■省略できる手続き
マイナンバーと基礎年金番号の紐づけにより省略できるのは、次の手続きです。
・住所変更届
・氏名変更届
・死亡届(国民年金第1号被保険者、第3号被保険者)

■マイナンバーと基礎年金番号の紐づけ確認
マイナンバーと基礎年金番号が紐づけられているかについては、年金事務所へ問い合わせることで確認が可能です。

電話または窓口で基礎年金番号を伝えると紐づいているかどうかを確認できます。

■事業主の住所変更は省略できない
今回省略可能になったのは「被保険者の住所変更、住所変更の届け出です。

事業主の変更や事業主の氏名または住所などについては別途「事業所関係変更(訂正)届」の届け出が必要です。

こちらについては、省略ができないので注意が必要です。

※日本年金機構ホームページ
・日本年金機構におけるマイナンバーの利用について
・事業主の変更や事業所に関する事項の変更があったときの手続き

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
※初回相談(30分)は無料です