雇用保険の給付関係の手続きが簡略化

雇用保険の給付関係の手続きが簡略化

https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_PAK23_notedentaku20140312

雇用保険の給付関係の手続きを行う際、被保険者である従業員本人の署名・押印が必要でした。

2018年10月1日より、その署名・押印が省略できることになりました。

■署名・押印が省略できる対象の申請書
〈⾼年齢雇⽤継続給付⾦〉
●高年齢雇用継続給付受給資格確認票
(初回)高年齢雇用継続支給申請書
●高年齢雇用継続給付支給申請書
●雇用保険被保険者六十歳到達時等賃金証明書

〈育児休業給付⾦〉
●育児休業給付金受給資格確認票
(初回)育児休業給付金支給申請書
●育児休業給付金支給申請書
●雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書

〈介護休業給付⾦〉 ●介護休業給付金支給申請書
●雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書

■署名・押印を省略する方法
署名・押印を省略するためには、次のような手続きが必要です。
・申請内容等を事業主等が被保険者に確認
・被保険者と合意のもと「記載内容に関する確認書・申請等に関する同意書」を作成する

なお、「記載内容に関する確認書・申請等に関する同意書」については4年間の保管義務があります。

雇用保険の給付関係の手続きが多い事業者の場合には、事務処理の軽減が図れるものと思われます。

※厚生労働省ホームページ
・雇用保険の給付関係の手続きの署名・押印の省略について

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709