産業医の重要性拡大

産業医の重要性拡大

20180905

働き方改革関連法の成立に伴い産業医の重要性が増しています。

2019年4月から新たに「産業医等の業務内容を労働者に周知することが義務付けられる」ことになりました。

■産業医とは?
職場において、従業員の健康管理を行うために選任するものとされ、常時雇用する人数が50人以上の場合には選任義務があります。

※厚生労働省ホームページ
産業医について

■産業医等の業務の内容等の周知
産業医を選任した事業場では、その産業医の「業務の具体的な内容」、「産業医に対する健康相談の申出の方法」、「産業医による労働者の心身の状態に関する情報の取扱いの方法」を次のいずれかの方法により、労働者に周知する必要があります。

① 就業規則と同様に事業場への掲示、備え付け
② 書面の交付
③ イントラネット等、データでの共有

なお、「③イントラネット等、データでの共有」の場合には、労働者が常時閲覧できる必要があります。

産業医の選任義務がある事業場で選任を怠っていた場合に「長時間労働に伴うメンタルヘルス不調者が出た」といったことが起こると安全配慮義務違反を問われる等、事業主の責任が増大する恐れがあります。

※厚生労働省ホームページ
働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の労働安全衛生法及びじん肺法の施行等について

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709