「労働者死傷病報告」記載事項の変更

「労働者死傷病報告」記載事項の変更

よくある質問

従業員が仕事中にケガをしたり、仕事が原因で病気にかかったりした場合で休業したとき、事業主は労働基準監督署へ報告をする必要があります。

■労働者死傷病報告
仕事に関連する事故(労災)の場合には、労働基準監督署への報告が必要です。

<4日未満の休業(休業しなかった場合を除く)>
○期限・・・・・4半期に一度
○提出書類・・・労働者死傷病報告(安衛則様式第24号)

<4日以上の休業(死亡を含む)>
○期限・・・・・遅滞なく報告
○提出書類・・・労働者死傷病報告(安衛則様式第23号)

※関連記事
仕事中・通勤途中にケガをした時の初期対応

■「労働者死傷病報告」記載事項の変更
労働者が外国人である場合には、当該労働者の国籍・地域及び在留資格を報告することが加えられることとなる見込みです。

在留資格の拡大などの影響もあり今後、外国人労働者の雇用管理はさらに厳格になるものと思われます。

※関連記事
外国人雇用の状況と外国人雇用状況の届出

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709