労働者派遣法違反の告発

労働者派遣法違反の告発

20180623

労働者派遣事業は、許可申請を行い、許可証が交付されて初めて事業を開始できます。

「無許可」で労働者派遣を行うと逮捕されることもあります。

【千葉労働局の告発事案】
千葉労働局は以下の事業主を<労働者派遣法違反「無許可派遣」の疑いで刑事告発>し、被告人が逮捕されるに至りました。

○被告発人
(1)サン・ワーク株式会社
(所在地 千葉県市川市相之川三丁目13番19号)
(2)同社 会長(73歳 男)
(3)同社 代表取締役(59歳 女)

○罰則
1年以下の懲役又は百万円以下の罰金

被告発人の事業主は、自社の社員を他社へ派遣し、他社の指揮命令の元、労働させた容疑で逮捕されました。

この事業主は元々、業務委託で事業を請け負っていたようですが「業務委託」と「労働者派遣」の境界線を見誤ってしまったのかもしれません。

意図的に「無許可派遣」を行っていたのであれば救いようがありません。

しかし、「業務委託」と「労働者派遣」の境界線はわかりにくい部分もありますので、適切に事業を行いたい場合には、専門家のアドバイスを受けながら進めるのが良いでしょう。

※厚生労働省ホームページ
労働者派遣法違反に係る告発について

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709