労働保険料等の一部申告書の電子申告が義務化

労働保険料等の一部申告書の電子申告が義務化

20180921

一定の事業主は、労働保険料等の申告の一部について電子申請が義務化されることになりました。

今後さらに電子申請の推進が進んでいくものと思われます。

■電子申請が義務化される手続き
労働保険の<概算保険料申告書、増加概算保険料申告書、確定保険料申告書、一般拠出金申告書>の提出について、電子申請が義務になります。

■電子申請が義務化になる時期
2020年4月1日からの施行となる見込みです。

■対象となる事業主
(1)資本金、出資金の額または銀行等保有株式取得機構に納付する拠出金の額が1億円を超える法人
(2)相互会社
(3)投資法人
(4)特定目的会社

電子申請は、専用のシステムを使い、慣れてしまえばとても便利です。

※関連記事
電子申請、その他、クラウドシステムのご案内

※厚生労働省ホームページ
労働保険料等の一部申告書の電子申告が義務化

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709