兼業・副業を認めている企業の割合

兼業・副業を認めている企業の割合

20180720

厚生労働省のモデル就業規則が改定され、兼業・副業について「原則禁止」から「原則容認」へ条文の改訂がありました。

これを受けて最近では「国も認めた副業解禁!」などと大げさに広告を出しているところもありますが、これまでも禁止されていたわけではありません。

経団連が公表した「2018年人事・労務に関するトップ・マネジメント調査結果」の中で<副業・兼業に関する方針>に関する調査結果が公表されていました。

┃副業・兼業を認めていない企業割合
副業・兼業を認めていない企業、78.1%とほとんどの企業が実際には「認めない」という判断をしていることがわかります。

細かく見ていくと、「認めていない」企業でも、「認める方向で検討」「懸案事項が解消すれば認める方向で検討」が34.6%となっています。

認めていない理由としては
「社員の総労働時間が把握できない」(64.6%)
「社員の健康確保が図れない」(54.5%)
などが多くを占める結果となりました。

兼業・副業の注意点やメリット、デメリットをしっかりと把握した上で導入の可否を判断することが重要です。

※関連記事
社内副業という考え方

※経団連
2018年人事・労務に関するトップ・マネジメント調査結果

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709