負担増<子ども・子育て拠出金>

負担増<子ども・子育て拠出金>

20180624

2019年1月内閣府で「子ども・子育て会議(第41回)」が開催されました。

子ども・子育て会議によると、社会保険料とともに納付することになっている<子ども・子育て拠出金>の拠出金率が2019年度から増額される見込みであることがわかりました。

┃子ども・子育て拠出金
事業主は、児童手当の支給に要する費用等の一部として、子ども・子育て拠出金を負担することになっています。

この子ども・子育て拠出金の額は、被保険者個々の厚生年金保険の標準報酬月額および標準賞与額に、拠出金率(0.29%)を乗じて得た額の総額となります。

┃子ども・子育て拠出金率の増加
公開された資料によると、段階的に引き上げを実施し、0.34%(現行+0.05%)とすることが示されています。

※内閣府
子ども・子育て会議(第41回)

★セミナー開催のお知らせ★
弊所川崎オフィスにて<働き方改革対策&2019年度【最新】助成金>勉強会を開催します。
<詳細はこちらから>

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709