SNSを活用した労務相談

SNSを活用した労務相談

KAZ19112C082_TP_V

厚生労働省では、若い世代がより、人事労務に関する相談がしやすいようにと2018年10月から2019年3月にかけて、<SNS相談>を実施しました。
┃SNS相談の相談件数
相談延べ件数は1万3,177件、年齢別では、19歳以下と20歳代が約8割でした。

また、男女別では、女性が9割を占めています。

SNSのツールごとに見てみると
① LINE・・・・・10861件
② チャット・・・・2111件
③ その他(Twitter)・・205件

以上のような内訳でした。

┃主な相談内容
相談内容別では、
① メンタル不調(4,493件)
② 家族(2,475件)
③ 学校(1,670件)
④ 勤務(1,395件)

となっています。
今回は、人事労務関係に限定された調査ではありませんが「勤務」に関することが上位に入っています。

企業内でも内部や外部に相談窓口を設けることは増えていますが、対面や電話等だと話しにくいこともあるので、チャット等のコミュニケーションツールを活用するのも有効です。

※厚生労働省
SNS相談事業の実施結果を公表します(平成30年度下半期分)

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709