過労死と労災補償

過労死と労災補償

N116_nemuranaioffice_TP_V

近年、長時間労働等を原因とする過労死等の労災事故が増えています。

厚生労働省では、過重労働が原因で発症した脳や心臓疾患等についてを「業務上疾患」と認定し、労災保険給付を決定した支給決定件数などを年1回、取りまとめています。

┃過労死とは
「業務における過重な負荷による脳血管疾患もしくは心臓疾患を原因とする死亡、もしくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡またはこれらの脳血管疾患、心臓疾患、精神障害」を指すものとされています。

┃平成30年度「過労死等の労災補償状況」
○脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況
(1) 請求件数は877件で、前年度比37件の増
(2) 支給決定件数は238件で前年度比15件の減
(3) 業種別(大分類)
請求件数は「運輸業,郵便業」197件、「卸売業,小売業」111件、「製造業」105件の順で多くなっている。
支給決定件数は「運輸業,郵便業」94件、「宿泊業,飲食サービス業」32件、「製造業」28件の順。

(4) 職種別(大分類)
請求件数は「輸送・機械運転従事者」182件、「サービス職業従事者」115件、「専門的・技術的職業従事者」102件の順で多くなっている。
支給決定件数は「輸送・機械運転従事者」88件、「サービス職業従事者」33件、「専門的・技術的職業従事者」21件の順。

(5) 年齢別
請求件数は「50~59歳」297件、「60歳以上」267件、「40~49歳」246件の順で多くなっている。
支給決定件数は「50~59歳」88件「40~49歳」85件、「60歳以上」41件の順。

(6) 時間外労働時間別(1か月または2~6か月における1か月平均)支給決定件数
・「評価期間1か月」では「100時間以上~120時間未満」41件が最も多い。
・「評価期間2~6か月における1か月平均」では「80時間以上~100時間未満」85件が最も多い
以上のような結果を踏まえて、業種や年代等、当てはまる労働者がいる場合には注意していく必要があると考えられます。

※厚生労働省
平成30年度「過労死等の労災補償状況」

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709