医師・看護師等の研鑽に関する通達

医師・看護師等の研鑽に関する通達

yasumimasuIMGL0293_TP_V

2019年7月1日、厚生労働省は、医師・看護師等の研鑽時間に関して新たな通達を出しました。

 
┃研鑽とは
自己の能力や知識、技術を向上させるためのもので業務に直接関係のあるものやそうでないものがあります。

 
┃研鑽に係る労働時間該当性について
○所定労働時間内の研鑽の取扱い
→ 使用者に指示された勤務場所において行う場合は、当該時間は、当然に労働時間となります。

○所定労働時間外の研鑽の取扱い
→ 本来業務と直接の関連性なく、かつ、業務の遂行を指揮命令する上司の明示・黙示の指示によらずに行われる限り、在院して行う場合であっても、一般的に労働時間に該当しません。

→ 上司の明示・黙示の指示により行われる場合には、所定労働時間外に行われるものであっても、または本来業務との直接の関連性なく行われるものであっても、一般的に労働時間に該当します。

○研鑽の類型ごとの判断の基本的考え方
→ 新たな知識・技能の習得のための学習、研究・論文作成、手術の見学等について、各々が労働時間に該当するか否かの基本的考え方が示されています。
今回の通達は、労働基準法の解釈を例示したものであり、労働基準法の定めに従うのが原則です。

 

※関連記事
医師・看護師等の宿日直に関する通達

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709