労働者を雇用した時に必要な帳簿類の整備

労働者を雇用した時に必要な帳簿類の整備

PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V

労働者を雇用した時に最低限、整備する義務がある労務管理関係の書類として「法定三帳簿」があります。

法定三帳簿+労働条件通知書(雇用契約書)については、労働者の雇い入れと同時に整備します。

┃法定三帳簿
「労働者名簿」「賃金台帳」「出勤簿等」の三点を法定三帳簿と呼びます。

労働者を雇い入れたらまずは、この三点を整備する必要があります。

帳簿の種類 記載項目 保存期間・起算日
労働者名簿

(第 107 条)

①労働者氏名、 ②生年月日、

③履歴、④性別、 ⑤住所、

⑦従事する業務の種類、

⑧雇入年月日、

➈退職や死亡年月日、その理由や原因

3 年

労 働 者 の 死

亡・退職・解

雇の日

賃金台帳

(第 108条)

① 労働者氏名、 ②性別、

③賃金の計算期間、 ④労働日数、 ⑤労働時間数、

⑥時間外労働時間数、

⑦深夜労働時間数、

⑧休日労働時間数、

⑨基本給や手当等の種類と額、

⑩控除項目と額

3 年

労 働 者 の 最

後 の 賃 金 に

つ い て 記 入

した日

出勤簿等

(第 108条関係)

① 出勤簿やタイムレコーダー等の記録、

②使用者が自ら始業・終業時刻を記録した書類、

③残業命令書及びその報告書、

④労働者が記録した労働時間報告書等

3 年

労 働 者 の 最

後の出勤日

 

┃労働条件の明示
法定三帳簿に加えて事業主は、労働条件を明示する必要があります。

労働条件の明示を事業主と労働者側相互に確認したことを示すために「雇用契約書」の形式で明示するのが良いでしょう。

以下の項目については、原則書面で通知する必要があります。

帳簿の種類 記載項目 保存期間・起算日
労働条件通知書

(第 15 条)

①労働契約の期間、

②就業の場所及び従事する業務、 ③労働時間や休日・休暇に関する事項(始業終業の時刻、残業の有無、休憩時間、休日休暇等)、

④賃金に関する事項(賃金の決定、計算、支払い方法、締め切りと支払の時期、昇給)

⑤退職に関する事項(解雇の事由を含む)、

⑥その他必要事項

3 年

交付日

 

┃就業規則の作成
常時10人以上の労働者を雇用する場合には、就業規則を作成し、所轄の労働基準監督 署長に届け出なければならないとされています(第89条)。

常時10人とは、正社員だけではなくアルバイトやパートタイマー等も含んだ人数です。

さらに労働者数が10人未満であってもルールや意識の統一・確認、問題社員を採用してしまった時の対処のためにも就業規則を整備しておくことを推奨します。

特に懲戒処分等を実施するためには、就業規則の根拠がなければ無効となる可能性が高いです。

会社を労務トラブル等のリスクから守るためには、就業規則の整備は必要不可欠です。

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709