従来からの加算制度に上乗せ「介護職員等特定処遇改善加算」

従来からの加算制度に上乗せ「介護職員等特定処遇改善加算」

20180612

消費税増税分を財源として従来の介護員等特定処遇改善加算に上乗せをする制度が2019年10月から始まります。

 

 

┃取得要件
●現行の処遇改善加算(I)から(Ⅲ)までを取得していること
●処遇改善加算の「職場環境等要件」に関し、複数の取組みを行っていること
●処遇改善加算に基づく取組みについて、ホームページへの掲載等見える化を行っていること

 

 

┃処遇改善等のルール
●経験・技能のある介護職員(リーダー級介護職員)について
・事業所等の中で「月額8万円の処遇改善となる者」または「改善後の賃金が年収440万円(役職者を除く全産業平均賃金)以上となる者」が1人以上

・平均の引上げ幅が「その他の介護職員」の引上げ幅の2倍以上
となるような処遇改善を行う

●その他の介護職員について
平均の引上げ幅が「その他の職員」の引上げ幅の2倍以上となるような処遇改善を行う

●その他の職種について
改善後の賃金額が「役職者を除く全産業平均賃金(年収440万円)」を超えない場合に、処遇改善を可能とする
詳細は、以下の資料を確認してください。

※特定処遇改善加算
・介護職員等特定処遇改善加算の厚生労働省説明資料と説明会質疑応答
・介護保険最新情報Vol.1719「『介護職員等特定処遇改善加算に関する基本的考え方
・第168回社会保障審議会介護給付費分科会(ペーパーレス)資料1「2019年度介護報酬改定について」

 

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
高木ビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709