広がる!マイナンバーカードの利用用途

広がる!マイナンバーカードの利用用途

ある調査結果によると企業のマイナンバー対策は、「約5割」が完了しているらしいです。

中小零細企業に目を向けるとそんな実感はありませんが・・・。

そんな中、マイナンバーの利用用途は拡大しています。

どんなことにマイナンバーカードが活用されるのでしょうか?

マイナンバーカードがあれば、住民票を初めとした各種証明書類がコンビニエンスストアで24時間いつでも取得可能です。

コンビニエンスストアで取得できる証明書類は、次のようなものがあります。

・住民票の写し
・住民票記載事項証明書
・印鑑登録証明書
・各種税証明書
・戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)
・戸籍の附票の写し
・各種税証明書(所得証明書、課税証明書など)

3月10日現在、全国で182市区町村が対応しています。

セキュリティに配慮をしつつ、こうした利便性が向上していくと良いですね。

証明書類のコンビニ交付

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709