注目されるテレワーク

注目されるテレワーク

厚生労働省主催のテレワークセミナーに参加してきました。

厚生労働省は全国各地でテレワークセミナーを開催するなど、テレワークの普及に力を入れています。

確かに、今後労働力人口が減っていく中で企業がとる選択肢の一つになるでしょう。

セミナーの概要をお伝えしていきます。

テレワークとは、「テレ(tele=離れたところで)」「ワーク(work=働く)」という言葉を組み合わせた造語です。

ICT技術を活用して時間や場所を選ばない働き方のことを言います。

厚生労働省の試算では、2060年には労働力が現在よりも42%減少すると言われています。

このような状況の中でも人材を確保していく必要があります。

そこで注目されているのがテレワークです。

テレワークを導入すれば子育て中の人や障害などがあって通勤が困難な人、そういった人でも自宅で、あるいはサテライトオフィスで仕事ができるようになります。

通勤が困難という理由だけで人材が流出してしまうのは、とてももったいないことですよね。

また、災害時でもテレワークは効果を発揮するようです。

通勤ができなかったとしても自宅のインターネット環境さえ復旧すれば、業務の再開が可能です。

こうした側面からも今、テレワークが注目されているんですね。

気を付けたいのは「テレワークを導入することが目的ではない」ということだと考えます。

・移動やオフィスのコスト削減
・人材の確保
・災害時の対応

などを考えるときに一つの選択肢としてテレワークがある。といったイメージです。

いきなり全社員などを対象とする必要はありません。

希望者を募るなどして、テスト的に運用していくのもよいでしょう。

導入する際には、機器をどのように準備するかといったことや、労務管理についても検討する必要があります。

制度の導入については、助成金なども活用できるかもしれません。

もし、導入を考えたいという事業主さんがいましたらご相談くださいね。

この記事に関してのご相談は【お問い合わせフォーム】からお問い合わせください。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊所まで、面談に起こしいただいた方には<最新版 おすすめ助成金一覧>を差し上げます。

★事務所移転のお知らせ★
当事務所は、2018年8月27日より以下の住所へ移転します。
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
TAKAGIビル3階
TEL:044-272-8880
FAX:044-948-7709