労務管理の知恵袋

労務管理の知恵袋

健康保険の被扶養者が国内居住者限定になります┃健康保険法改正

健康保険の被扶養者および国民年金第3号被保険者の要件に「国内居住要件」が追加されました。 この改正により、原則として日本国外に居住する親族以外については、被扶養者として認められないことになります。 ┃国内居住要件の例外 国内居住要件の例外として、次の人については健康保険の被扶養者および国民年金第3号被保険者として認められます。 ① 外国において留学をする学生 ② 外国に赴任する被保険者に同行する者 ③ 観光、保養又はボランティア活動その他就...

一般労働者やパートタイム労働者の賃金相場(2019年4月版)

2019年4月の「毎月勤労統計調査」結果が公表されました。 この調査では、一般労働者やパートタイム労働者等、就業形態別での賃金相場が分かります。   ┃2019年4月の「毎月勤労統計調査」の概要 ○現金給与総額は276,551円(0.3%減) ・一般労働者が357,840円(0.3%増) ・パートタイム労働者が98,895円(0.6%減) ○所定内給与 ・一般労働者は315,782円(0.8%増) ・パートタイム労働者の時間当たり給与は1,152円(1.9%増) 人材不足の影響もあり、賃金は上昇...

セクハラ防止対策の強化

<労働施策総合推進法>が公布されました。 この中では、「セクシュアルハラスメント(セクハラ)」や「パワーハラスメント(パワハラ)」等のハラスメント行為の防止対策の強化を事業主に求めています。 ┃セクハラ等の相談者の保護 セクシュアルハラスメント(セクハラ)やマタニティハラスメント(マタハラ)、パワーハラスメント(パワハラ)などの各種ハラスメント行為について、相談をした労働者への不利益な取り扱いを行うことは禁止です。 ┃他社の労働者への...

パワハラ防止対策の義務化

パワーハラスメント(パワハラ)防止対策の義務化が盛り込まれた<労働施策総合推進法>が公布されました。   ┃職場におけるパワーハラスメントとは 職場におけるパワーハラスメントとは、 「優越的な関係を背景とした」 「業務上必要かつ相当な範囲を超えた行動により」 「就業環境を害したり、身体もしくは精神的な苦痛を与えること」 というすべての要素を含むものと定義づけられています。 ただし、適正な範囲での業務指示や指導については、パワーハラス...

高校生(18歳未満)をアルバイト雇用するときの注意点

大学生や高校生等、アルバイトをめぐる労務トラブルが大きな問題となっています。 特に「18歳未満の高校生等」を雇用するときや「20歳未満の未成年者」を雇用するときには、通常の労働基準法の取り扱いよりも制限が多いので注意が必要です。 ┃15歳未満の児童を雇用する場合 原則として15歳に達した年の3月31日以前(中学生以下)は、使用禁止となっています。 ただし、映画やテレビの子役等、一部例外があります。 ┃18歳未満の学生等を雇用する場合 満18歳未...

建設業界の長時間労働削減と処遇改善

働き方改革関連法の施行により「時間外労働の上限」が法律に明記されました。 建設業では、一定期間の猶予措置として2023年度まで「時間外労働の上限規制」の適用が猶予されています。 この猶予期間の間に「時間外労働の上限規制」に対応できるよう準備をしていく必要があります。 ┃建設業界の長時間労働の原因 「時間外労働の上限規制」が法律に明記されたからといってすぐに基準を満たせるわけはありません。 建設業界が慢性的な長時間労働に陥ってしまっている...

6月は「外国人労働者問題啓発月間」

厚生労働省は毎年6月1日から30日までの1箇月間を「外国人労働者問題 啓発月間」と定めています。 外国人労働者の就職や雇用について積極的な情報発信をしていくとされています。 ┃外国人労働者の就労状況 外国人労働者の就労状況を見てみると派遣や請負といった不安定な就労形態も多く、労働関係法令や社会保険法令がいまだに遵守されないといった問題点も多くみられます。 2019年4月から新たな在留資格として「特定技能」が創設され、今後さらに外国人労働者が...

SNSを活用した労務相談

厚生労働省では、若い世代がより、人事労務に関する相談がしやすいようにと2018年10月から2019年3月にかけて、<SNS相談>を実施しました。 ┃SNS相談の相談件数 相談延べ件数は1万3,177件、年齢別では、19歳以下と20歳代が約8割でした。 また、男女別では、女性が9割を占めています。 SNSのツールごとに見てみると ① LINE・・・・・10861件 ② チャット・・・・2111件 ③ その他(Twitter)・・205件 以上のような内訳でした。 ┃主な相談内容 相談内容別で...

新入社員はいつまで今の会社で働きたいか┃新入社員意識調査

採用時、企業はある程度の期間その社員を雇用し育成することを念頭に置いているかと思います。 しかし、その社員が「ずっとその会社にいたい」と考えているかどうかはわかりません。 2019年5月末、東京商工会議所は<新入社員を対象に行った調査結果>を公表しました。 ┃入社した会社を選んだ理由 「仕事の内容がおもしろそう(42.6%)」 「職場の雰囲気が良かった(39.8%)」 「自分の能力・個性が活かせる(35.5%)」 上位3つは変わらない一方で、「仕事の...

「時間外労働の上限規制」の認知度

働き方改革関連法の施行に伴い始まった「時間外労働の上限規制」。 大企業は2019年4月から、中小企業は2020年4月から施行されることになっており、一般企業での認知度も上がってきています。 エン・ジャパンは2019年6月5日<「時間外労働の上限規制」実態調査>の結果を発表しました。 ┃「時間外労働の上限規制」の認知度 「時間外労働の上限規制」の認知度は96%、この法律に賛成している企業は3社に一社にあたる66%でした。 働き方改革関連法施行の1年前...