労務管理の知恵袋

労務管理の知恵袋

社会保険には加入しないといけない?

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です お問い合わせをいただいたお客さまのところへ訪問してきました。 これから社会保険への加入手続きをしたいということでした。 【会社の概要】 ・業種は飲食業 ・従業員はアルバイトを含めて数十名 ・労働保険(労災保険・雇用保険)未加入 ・社会保険(健康保険・厚生年金保険)未加入 これから正社員を増や...

マイナンバー【国税庁 税務関係の対応資料】

「作る・伝える」就業規則コンサルタント 横浜の社会保険労務士 久保田です。 マイナンバーに関する新たな資料が国税庁から発表されました。 「法定調書提出義務者・源泉徴収義務者となる事業者のための社会保障・税番号制度の概要」 会社は従業員に対して給与を支払います。 その際には「給与所得者の扶養控除等(移動)申告書」の提出を受ける必要があります。 その書式の変更に関することやマイナンバーの記載に関することなどがまとめられています。 【資料の概要】 <源泉所...

社会保険に加入しなくてもいい事業所とは?

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です 会社は、法人であれば社会保険に絶対加入 しなくてはなりません。 社長一人であったとしてもその社長は 法人に使用される、こととなりますので 社会保険に加入する義務が生じます。 ※「強制適用事業所」といいます 反対に個人事業主であれば従業員を雇用 していても社会保険に加入しなくても良い 業種があり...

役員報酬0円でも社会保険に入れますか?

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です あるお客さまからこんな相談がありました。 業績が思わしくないので一度、役員報酬を 0円にしたいので手続きをお願いしたいの ですが・・・・。 このお客さまはスポット契約でたまに連絡 をいただくお客さまです。 僕の答え 報酬0円だと社会保険入れないですよ。 所得税かからない額の報酬にしては? 一円...

労働相談は7年連続100万件超え!

「作る・伝える」就業規則コンサルタント 横浜の社会保険労務士 久保田です。 平成26年度に厚生労働省の窓口に 寄せられた労働相談の件数とその内訳が 発表されました。 「いじめ・嫌がらせ」に関する相談件数は 62,191件(前年59,197件)で3年連続 トップでした。 言葉を変えると「パワーハラスメント」 ということにもつながっていくことだと 思います。 ※過去記事「パワーハラスメント対策導入マニュアル」 ミスに対して必要以上に叱責したり、仕事 を取り上げたり、仕事を...

介護離職を防ぐ「企業における仕事と介護の両立支援実践マニュアル」

就業規則「作る・伝える」コンサルタント 横浜の社会保険労務士 久保田です。 介護離職という言葉を聞いたことがありますか? 親の介護などのために仕事を辞めざるを 得ない状況になって、結果、離職して しまうことを介護離職と言います。 介護が必要な人が増える、そして介護を する人たちは40歳代の会社でも重要な ポジションにつく年代の人が多いよう です。 国の施策としては育児介護休業法で ・介護休業 ・介護休暇 ・短時間勤務制度の導入 が定められています。 ※参考:...

給料計算「住民税の税額変更忘れずに」

就業規則「作る・伝える」コンサルタント 横浜の社会保険労務士 久保田です。 給料計算をしている方にとっては、 この時期はいろいろと忙しい時期ですね。 6月支給分の給与から住民税の額が変更に なります。 住民税は、前年の所得によって決まります。 会社で特別徴収をしている場合には、年間 の税額を6月から5月の12回に分割して 納付します。 この場合は、会社が社員さんから住民税を 徴収して、本人の代わりに会社が市区町村 へ納付します。 特別徴収は地方税法では義務...

マイナンバー制度への影響は?「年金情報流出」

就業規則「作る・伝える」コンサルタント 横浜の社会保険労務士 久保田です。 年金情報流出のことがニュースをにぎわ せていますね。 マイナンバー制度への影響はあるので しょうか? 記者会見の中でこんなやりとりがあった そうです。 --------------------------------------- (問) 年金を活用したマイナンバー、年金を 活用...

児童手当は経営者でも受け取れる?

就業規則「作る・伝える」コンサルタント 横浜の社会保険労務士 久保田です。 児童手当についてある人からこんな質問を 受けました。 「児童手当は経営者でも受け取れるのか」 というのも会社勤めをしながら児童手当を 受け取っていたAさんが親御さんの経営 していたお店を継ぐことになったのだそう です。 答えは「所得額によっては受け取れます」 当事務所のある横浜のこども青少年局に 確認をしてみたところ「勤めているかどう ではなく所得で判断します。」 とのことでした。 ...

外国人労働者問題啓発月間

就業規則「作る・伝える」コンサルタント 横浜の社会保険労務士 久保田です。 6月は「外国人労働者問題啓発月間」 として厚生労働省が定めています。 外国人というだけで正規雇用ではない 不安定な立場での労働契約であったり 日本人と待遇面での違いがあったりと いったことがあるようです。 お客さまからよくある相談内容で 「今度、外国人の人を雇うことになった のだけれど、何か気を付けることはあり ますか?」 というものがあります。 言葉の問題、文化の違いなどで配慮し...