労務管理の知恵袋

労務管理の知恵袋

ポイント制インセンティブ制度

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です ある社長さんからこんな相談を受けました。 「今度、営業社員を雇いたい」 「営業部隊をつくって営業活動を展開していきたい」 「営業社員にやる気を出させるお給与の払い方をどうしたらいいか」 一つ目に考えたことは「固定給は良くない」 ということです。 やはり営業職ですから、売上などの成績に 対して...

最低賃金って知っていますか?

人がやめない会社づくりのパートナー 横浜の社会保険労務士 久保田です。 先日、仕事で都内に行ったとき、 ある酒屋さんチェーン店の店先に こんなポスターが貼ってありました。 ちょっと前にテレビでやっていた 労働基準監督官のドラマだったら 「法律違反です!」とか言われそうです。 現在、東京都の最低賃金は「888円」です。 東京都内であれば、どこでどんな仕事に ついたとしても1時間あたりの時間給は 888円以上でなければなりません。 「最低賃金」というのは、国が決め...

従業員さんの本当の声、聴けていますか?

人がやめない会社づくりのパートナー横浜の社会保険労務士 久保田です。経営者の方と話しをしているとこういうことを言われることがあります。「うちは、社内の風通しがいいんだ」「従業員とは月に一回は食事会や面談をしているから、会社への不満は無いよ」素晴らしい会社だと思います。そういう会社もあります。そういう社長さんもいます。でも、残念ながら社長さんの片思いの場合もあります。私は、社会保険労務士という仕事柄、多くの社長さんや経営者側の方とお話しをしてき...

退職金制度のご相談

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です お客さまから退職金制度を検討したい、 とご相談を受けました。 起業後、4年程で従業員数30名前後の ベンチャー企業です。 社長は、他の会社でも役員のご経験のある ベテランの方です。 しかし、会社にはステージがあります。 「少し早いのでは?」 「今は、他にもやるべきことが あるのでは?」 と思いつつ...

社労士は誰の味方?

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です 一つ疑問に感じることがあります。 「社会保険労務士は、社長の味方です!」 「社長を守ることが社会保険労務士の 使命です!」 と、言っている社労士がいます。 でも、それっておかしいと思いませんか? 何がおかしいのかって? 社労士なんだから、 会社から顧問料もらっているのだから、 会社や社長を守っ...

母性健康管理制度

人がやめない会社づくりのパートナー 横浜の社会保険労務士 久保田です。 お客さまからこんな相談がありました。 妊娠している女子社員から母性健康管理指導事項連絡カードが提出された。 医師からは、出産までの期間、休養させる ようにと記載されています。 産前休業に入るまでまだ日にちがあるのです が、どのように対処したらよいでしょう? 母性健康管理指導事項連絡カードは、医師 から指示を適切に事業主に伝えるためのもの です。 今回の場合、産前休業に入るまでの期間を...

自己棚卸

人がやめない会社づくりのパートナー 横浜の社会保険労務士 久保田です。 今、自己棚卸の真っ最中です。 就職活動や転職活動の時にやった、という 方もいるでしょう。 僕は今まで、こうしたことはなるべく 避けてきました。 しかし、これからホームページを作ろうと 思ったり、社会保険労務士として自分の 強みを探そうと思ったりしたときに、 やっぱり自分の過去を振り返り、自分を知る ということが、避けては通れないものだと 気づきました。 やっぱり、こうしたことは一人では...

従業員の「兼業」は認めるべき?

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です ある会社さんからこんな相談を 受けました。 弊社の社員で実家が会社経営を している者がいます。 その社員は、実家の会社の仕事が 少なくなってきたため、弊社へ入社 してきようです。 最近その実家の会社が忙しくなり、 弊社が休みの時に実家の仕事を手伝い アルバイトとして給与をもらうそうです。 社員...

給与計算のしごと

人がやめない会社づくりのパートナー 横浜の社会保険労務士 久保田です。 今日は、給与計算についてお話します。 なぜかというと、今から僕が給与計算を するからです^^; 給与計算って、お給与を払うための ただの事務作業と思っている方も多い ですが、実はかなり奥が深いです。 正しく給与計算を行うためには 最低限「社会保険の知識」「税務の知識」 が必要です。 ●社会保険の知識 従業員さんの給与から社会保険料を 引きます。 社会保険料は、従業員さん一人一人の給与 の額に...

求人の応募者数を増やしたい!

人がやめない会社づくりのパートナー 横浜の社会保険労務士 久保田です。 この<従業員のホンネ>カテゴリーでは、 私が実際に従業員として働いていた時に 感じたことや従業員さんと話をする中で 聞いたことを書いていきたいと思います。 社長さんには、「従業員さんの言うことを 聞いてください」というわけではなく、 「それ、従業員のためって言っていますけど 本当に従業員のためになっていますか?」 ということに気付いて欲しいのです。 ある社長からこんなことを言われまし...