労務管理の知恵袋

労務管理の知恵袋

ウーバーイーツ配達パートナーの労働者性と労災保険

最近、街中でも黒や緑のバックを背負い自転車やバイクなどで食事のデリバリーをしている姿を見かけることが増えてきたウーバーイーツ(Uber Eats)。 インターネット上のニュースで「ウーバーイーツの配達員が自転車で配達中に自動車と衝突、ケガをしたが労災保険が使えなかった」という事例が報告されていました。 ウーバーイーツ配達パートナーを「労働者」ととらえれば労災保険の補償対象と考えることができますが、現時点では労働者ではなく「個人事業主」にあたるた...

高度プロフェッショナル制度適用者数

2019年4月、働き方改革関連法の施行に伴い始まった高度プロフェッショナル制度。 高度プロフェッショナル制度の適用を受けるためには労働基準監督署への届け出が必要です。   ┃高度プロフェッショナル制度に関する届出状況 6月末時点の適用労働者の内訳は、次のとおりです。 ① 金融工学等の知識を用いて行う金融商品の開発の業務 0人 ②資産運用(指図を含む。以下同じ)の業務又は有価証券の売買その他の取引の業務のうち、投資判断に基づく資産運...

高度プロフェッショナル制度適用者数

2019年4月、働き方改革関連法の施行に伴い始まった高度プロフェッショナル制度。 高度プロフェッショナル制度の適用を受けるためには労働基準監督署への届け出が必要です。 ┃高度プロフェッショナル制度に関する届出状況 6月末時点の適用労働者の内訳は、次のとおりです。 ① 金融工学等の知識を用いて行う金融商品の開発の業務 0人 ②資産運用(指図を含む。以下同じ)の業務又は有価証券の売買その他の取引の業務のうち、投資判断に基づく資産運用の業務、...

育児休業期間中の賞与

育児休業(産前産後休業)中の従業員がいる場合の賞与の取り扱いについてご質問がありましたのでお答えします。   ┃育児休業中の従業員についても賞与を支給するべきか 賞与を支給するかどうかは、基本的には事業主の自由です。 しかし、評価期間に在籍しているにもかかわらず、賞与支給日に休業していることを理由に賞与をまったく支給しないことは、法令違反に該当すると考えられます。 *男女雇用機会均等法第3項   ┃社会保険の取り扱い 育児休...

パソコンやタブレット端末を操作する業務の労働環境整備

2019年7月、厚生労働省は、「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を公表しました(基発0712 第3号令和元年7月12 日)。 これは、平成14年に発出した「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」(基発第0405001号平成14年4月5日)を廃止し、新たに定めたものです。   ┃情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン デスクトップパソコンやノートパソコンを使用した作業について、こうした作業を長時間行うことにより...

労働者の健康管理や職場環境の改善┃全国労働衛生週間

厚生労働省は、10月1日(火)から7日(月)まで、令和元年度「全国労働衛生週間」を実施すると公表しました。 全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善、労働衛生に関する国民の意識向上等を目的としています。 職場の安全衛生について、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することとしています。 ┃全国労働衛生週間の概要 ○過重労働による健康障害防止のための総合対策の推進 a時間外・休日労働の削減、年次有給休暇の取得促進及び労...

特定技能の運用状況┃外国人労働者の受け入れ対策

2019年4月から始まった新たな在留資格、特定技能。 7月19日、法務省ホームページに「新たな外国人材の受入れおよび共生社会実現に向けた取組」が掲載されました。   ┃特定技能試験等の実施状況について(4~6月) ①介護(技能・日本語) 実施場所:フィリピン 受験者数:449人 合格者数:234人(技能)、218人(日本語) ②宿泊(技能) 実施場所:日本国内 受験者数:391人 合格者数:280人 ③外食業(技能) 実施場所:日本国内 受験者数:460...

トラックドライバーの健康管理・労災対策

トラックやバスの運転手が運転業務中に意識を失い重大事故を引き起こすケースが増えています。 これは、運転業務中に発症した脳・心臓疾患等が原因と言われており、これらは、長時間労働が原因と考えられています。 こうした労災事故を防止するために国土交通省は、運転手の安全教育・事故防止マニュアルを公表しました。 トラック運送業や自動車等を使用する事業主は、このマニュアルを参考に重大な事故の防止に努めることが期待されます。     ■...

一般企業の平均給与額┃2019年5月の「毎月勤労統計調査」

2019年7月、厚生労働省は、<2019年5月の「毎月勤労統計調査」>の結果を公表しました。 業種や業態、地域によっても賃金額は様々ですが、一般企業と比較して大きく見劣らないような労働条件を維持することは必要でしょう。 ┃2019年5月の「毎月勤労統計調査」結果の概要 現金給与総額は275,597円(0.2%減) →うち一般労働者が355,643円(0.3%増) →パートタイム労働者が96,275円(2.2%減) 一般労働者の所定内給与は310,561円(0.2%増) パートタイム労働者の時間当た...

特定技能外国人受入れに関する運用要領等

2019年4月からは、新たな在留資格として「特定技能1号」「特定技能2号」が創設されました。 2019年7月、法務省は新たな外国人材受入れに関して、特定技能外国人受入れに関する運用要領・各種様式等を公表しました。 合わせて特定技能に関するQ&Aも公表されています。 ※法務省 ・特定技能運用要領・各種様式等 ・外国人材の受入れ制度に係るQ&A