労務管理の知恵袋

労務管理の知恵袋

働き方改革関連法の解説資料<広島労働局>

広島労働局から働き方改革関連法の解説資料が公開されました。 各都道府県労働局や厚生労働省から今後も資料が公開されると思われますが情報を早めにキャッチして対策を始めましょう。 <広島労働局> 改正労働基準法・改正労働安全衛生法の概要 <岐阜労働局> 働き方改革(詳細版) 働き方改革(簡易版)

パートタイマーやアルバイトの年次有給休暇

年次有給休暇は、一定期間、継続して勤務をした労働者に対して権利が発生します。 ■年次有給休暇の基礎知識 フルタイムの正社員と週の労働日数が少ないパートタイマーやアルバイトでは、付与される日数に差があります。 週の労働日数が少ないパートタイマーやアルバイトに対しては、その働く日数に応じた日数が付与されます。 ※年次有給休暇の基礎知識 ■年休を何日付与すれば良いか? 「年休が付与される日(基準日)」の労働条件によります。 <原則> 週5...

高度プロフェッショナル制度の導入フロー

厚生労働省は10月31日、2019年4月から導入される<高度プロフェッショナル(高プロ)制度>の具体的な対象業務の素案と導入する場合の企業の実務フローを示しました。 導入を検討している事業主は、導入しようとしている職種が「対象業務に該当するか」、「手続きと運用は誰が担当するか」を具体的に検討する必要があります。 ■<高度プロフェッショナル(高プロ)制度>5ステップ ●ステップ1:「労使委員会」を設置する。 ●ステップ2:労使委員会で決議をする。 ●...

時間帯により時給が異なる場合の割増賃金

パートタイマーやアルバイトを雇用する場合で「早番」「中番」「遅番」等でシフトを分けることが考えられます。 その中で、どうしてもシフトに入る人が少なくなる「早番」「遅番」について、基本時給を高く設定する場合があります。 そういった場合、割増賃金の支払い方法は次のようになりますので注意が必要です。 ■時間帯により時給が異なる場合の割増賃金 時間帯により時給が異なる場合の割増賃金は、時間外労働が発生した時間帯の通常の賃金を元に計算を行います...

事例紹介┃みなし残業(固定残業)制度の導入

一定時間分の時間外労働に対する割増賃金(残業代)をあらかじめ固定給として支払う「みなし残業(固定残業)制」については、複数の裁判例があります。 また、次のような通達も出されています。 <「時間外労働等に対する割増賃金の解釈について」を前提にした通達> 制度を正しく理解し、運用をしないとトラブルの原因となり「割増賃金の未払い」と言われるリスクもあります。 ■日本ケミカル事件 【雇用契約の内容】 この事例で労働者は、薬剤師として勤務して...

11月はテレワーク月間

厚生労働省は、11月を<テレワーク月間>に定め、テレワークの普及に取り組んでいます。 ■テレワークとは テレワークとは、「テレ(tele=離れたところで)」「ワーク(work=働く)」という言葉を組み合わせた造語です。 ICT技術を活用して時間や場所を選ばない働き方のことを言います。 ■「テレワーク月間」の主な取組 テレワークに取り組んでいる企業の表象の他、各地でテレワークの普及や体験に関するイベントを実施しています。 ■テレワーク導入のための...

新卒生の3年以内の離職率

新規学卒者を雇用した時「3日、3箇月、3年」という周期で退職者が出るというのはよく聞く話です。 厚生労働省は、平成27年3月に卒業した新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況についての取りまとめ結果を公表しました。 この調査によると結果は次のようになっています。 ■新規学卒就職者の就職後3年以内離職率 (  )内は前年比増減 【大学 】31.8% (▲0.4P) 【短大など 】41.5%(+0.2P) 【高校 】39.3% (▲1.5P) 【中学 】64.1% (▲3.6P) 年齢...

一般的な企業の労働条件

厚生労働省は「平成30年就労条件総合調査 結果の概況」を公表しました。 労働時間制度や賃金制度、退職給付(一時金・年金)などについて、企業の動向をまとめたものです。 結果と自社を見比べることで、「自社の労働条件が世間一般的にどうか」が見えてきます。 〇所定労働時間 1日の所定労働時間は、1企業平均7時間46分、労働者1人平均7時間45分となっている。 週所定労働時間は、1企業平均39時間31分、労働者1人平均39時間02分となっている。 〇週...

厚生年金保険料の徴収強化

厚生年金保険料の徴収機関として専門の<特別徴収対策部>が設置されることになりました。 特別徴収対策部の設置により、厚生年金保険料を滞納している事業所に対する保険料の徴収業務が強化されます。 ■特別徴収対策部 日本年金機構は、厚生年金保険料等の徴収機関として、公平かつ公正な財源の確保を図ることで、将来にわたって安定した年金制度を維持し、国民一人ひとりの年金権を守ることを使命としています。 この使命を果たすために設置されたのが<特別徴収対...

賃金の基礎知識

賃金とは、名称を問わず労働の対価として使用者が労働者に支払うすべてのものを言います。 毎月支払われる基本給はもちろんのこと、諸手当の他、あらかじめ支給条件が明確に示されている賞与や退職金も賃金です。 ■賃金支払いの5原則 賃金は、労働条件の中で最も重要な要素の一つです。 賃金は、 ① 通貨で ② 全額を ③ 毎月一回以上 ④ 一定の期日に ⑤ 直接労働組合 支払う義務があります(労働基準法第24条)。 「割増賃金等、賃金の一部を後から支払う」 ...