労務ニュース

労務ニュース

新卒の学生はどのような求人に応募したいか

人材不足を解消するには新たな人材を採用することが必要不可欠です。 そして、求人を出す際には「求める人材」が応募してくれるような求人にすることと同時に「応募したくなる」求人にする必要があります。 独立行政法人労働政策研究・研修機構は<大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査>の結果を公表しました。 ┃希望する就職先企業 学生全体で見ると 「勤務地が限定される全国規模の企業」(約40.0%) 「全国転勤がある全国規模の企業」(約29.5%)...

小規模事業所の賃金相場と労働時間

厚生労働省から平成 30 年毎月勤労統計調査特別調査の結果が公表されました。 この調査では、全国の主要産業の小規模事業所(常用労働者1~4人規模)における賃金、労働時間及び雇用の実態を明らかにすることを目的としています。 【調査結果のポイント】(平成 30 年7月) 1 賃金 ○きまって支給する現金給与額は 195,476 円(前年同月比 0.5%減) ○1時間当たりきまって支給する現金給与額は 1,384 円(前年比 1.1%増) 2 出勤日数と労働時間 ○出勤日数は 19....

一般企業が「働き方改革」で実施していること

働き方改革関連法が2019年4月から順次施行されます。 年明けから本格的に動いていく企業も少なくないですが、他の企業がどのような対策を実施しているかも気になるところかと思います。 ┃労働経済動向調査 厚生労働省は、労働経済動向調査(平成 30 年 11 月)の結果を公表しました。 労働経済動向調査では、景気の変動が雇用環境に及ぼす影響などを調査するものです。 今回は特別項目として、「働き方改革の取組」及び「事業の見直しと雇用面での対応状況」につい...

転職者を採用する時の賃金相場

転職者を中途採用として求人、迎え入れる場合の賃金相場についての調査結果が公表されました。 中途採用においては現状、求職者有利(売り手市場)とも言われているため、職種や求める能力によっては、相応の年収を提示する必要があります。 ┃転職賃金相場 人材サービス産業協議会は、2018 年 4~8 月の主要な職種における求人企業が提示した年収相場をとりまとめた『転職賃金相場 2018』の結果を公表しました。 ┃調査のポイント ・ほぼ全職種において、600 万以上...

医師(ドクター)の働き方改革

医療現場では、医師(ドクター)の長時間労働対策が課題になっています。 現場からも「医師(ドクター)の労働時間短縮、睡眠時間の確保」に関する声明が出されています。 医師の睡眠確保に有効と考えられる取組として次のようなものが示されています。 ○タスク・シフティング(業務の移管)の推進 ○産業保健の仕組みを活用した睡眠不足医師のスクリーニング >把握された睡眠不足医師への配慮 ○当直明け負担軽減や勤務間インターバル確保 「医師の働き方改革に...

「人手不足」関連倒産

東京商工リサーチは10日、2018年11月の「人手不足」関連倒産の件数を公表しました。 「人手不足」関連倒産の件数は、38件で前年の同月(25件)を上回る結果となりました。 ┃「人手不足」関連倒産 内訳は、 「後継者難」型が24件(前年同月22件)※代表者死亡や病気入院など 「求人難」型が7件(同1件) 「人件費高騰」型が5件(同1件) 「従業員退職」型が2件(同1件) という結果でした。 最近では、こうした社会の流れもあり事業承継やM&Aをサービスと...

介護職員の離職理由と定着のポイント

ベネッセスタイルケアとパーソル総合研究所から<介護人材の離職実態調査2017>の調査結果が公表されました。 介護職員の離職理由と定着のポイントについて分析されています。 【調査の概要】 ■条件次第で復職したい人が52% 離職した介護職の31%が入社1年未満で離職しています。 さらに、離職者の55%は業界外へ流出している状況ですが、「条件次第で復職したい」と考えている人は52%もいます。 ■主な離職理由 ○給与の低さ・・・・・21.3% ○キャリアの見通...

労働保険料等の一部申告書の電子申告が義務化

一定の事業主は、労働保険料等の申告の一部について電子申請が義務化されることになりました。 今後さらに電子申請の推進が進んでいくものと思われます。 ■電子申請が義務化される手続き 労働保険の<概算保険料申告書、増加概算保険料申告書、確定保険料申告書、一般拠出金申告書>の提出について、電子申請が義務になります。 ■電子申請が義務化になる時期 2020年4月1日からの施行となる見込みです。 ■対象となる事業主 (1)資本金、出資金の額または銀行等...

「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果

厚生労働省は、11月に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表しました。 労働者がどのようなことに不安や不満、ストレスを感じているかを知るための参考になるものと考えます。 ■過重労働解消相談ダイヤル 11月の「過重労働解消キャンペーン」の一環として行われました。 今回の無料電話相談「過重労働解消相談ダイヤル」には、合計で501件の相談が寄せられました。 過重労働解消相談ダイヤルに寄せられた相談のうち、労働基準関係法令上、問題が...

勤務間インターバル制度の普及状況

「勤務間インターバル制度」についての厚労省の報告書がまとめられました。 厚生労働省は、長時間労働対策として「勤務間インターバル制度」を普及していきたい考えです。 ■勤務間インターバルとは 「勤務間インターバル」は、勤務終了後、一定時間以上の「休息期間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保することを言います。 ※勤務間インターバルとは ■勤務間インターバル制度の導入予定がない企業は約9割 政府は、制度普及に向けた課題として、...