介護事業の就業規則・労務管理

044-272-8880
受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

介護事業の就業規則・労務管理

登録ヘルパー等が自宅とご利用者宅との移動をする場合の取扱い

訪問介護職員(登録ヘルパー)などが自宅とご利用者宅との間を移動する場合の労働時間の取扱いは、次のような考え方をします。 ①自宅 → A宅 → 自宅 このような場合、「A宅」を事業場と考えて、自宅との移動については「通勤」と考えます。 そのため、通勤時間は労働時間ではありませんから賃金は発生しません。 ②自宅 → A宅 → B宅 → 自宅 このような場合「自宅 → A宅」と「B宅 → 自宅」については、上記①と同様に通勤と考えますので、賃金は発生しません...

登録型ヘルパー等が通勤や勤務に自転車を使用する場合のリスクと注意点

介護事業所の登録型ヘルパー等は、事業所から比較的、家が近い人を採用することが多いです。 その場合、通勤や訪問先への移動について自転車の使用を認めることも少なくありません。 しかし、不用意に自転車の使用を認めてしまうと事業所のリスクになることがあります。 ■自転車を使用するリスク 自動車やバイク、原付(原動機付自転車)の場合は、自賠責保険には必ず加入しなくてはなりません。 また、多くの場合には任意保険にも加入しています。 しかし、自転車...

介護事業所の職員トラブルの防止法

介護事業所の職員をめぐるトラブルには、人材不足や低賃金に原因があるケースが考えられます。 トラブル事例には、次のようなものがあります。 ●採用難の影響に伴う労務トラブル ・応募そのものが少ないため、「通常なら採用しない」ような人も採用せざるを状況 →その結果、トラブルが増える ・採用選考ステップを簡素化しない ●経営や人事マネジメントのスキル、認識不足 ・一事業部門の責任者レベルの人が独立するケースも多い ・会社、事業としての人事マネジメン...

介護事業所のトラブル対応と解決策

介護事業所のトラブルには、事業者と職員だけではなく、そこに利用者やその家族なども加わってきます。 介護事業所のトラブル対応として、どのような点に気を付ければ良いでしょう。 ①トラブルに強い介護事業所 ●事務長レベルでしっかりと意識改革ができる ・トラブル対応、家族への対応に関する体制整備 ●弁護士などの専門家との連携ができている ・トラブル対応時の初期対応を間違えない ●証拠化、書面化を怠らない ・トラブル発生時の事後対応として被害を最小...

介護事業所と労働基準法・労働法・労務管理

介護事業所の多く、特に中小零細規模の介護事業所では、労働基準法やその他の労働関係法令への認識が低いように感じられます。 しかし、そのままでいると人材の確保や人材の定着よりも大きな問題に発展しかねません。 ■労働基準法と介護保険法 介護事業の指定や処遇改善加算に関する「介護保険法」については、法令順守を強く意識されている事業所が多いと感じます。 しかし、労働時間や休日、休暇、賃金に関して規定されている「労働基準法」については、意識が弱い傾向...

訪問介護事業所・登録型ヘルパー等の就業規則<労働時間>

訪問介護事業所に限らず「労働時間」を適切に把握することは事業主の義務です。 登録型ヘルパー等を雇用する訪問介護事業所では、どの時間が労働時間にあたるのか判断に迷うケースも少なくありません。 一つ言えることは「介護サービスを提供している時間だけが労働時間」というわけではない、とうことです。 このような認識でいると行政の指導や調査の際に「未払い賃金」が発生していると捉えられてしまうリスクがあるので注意が必要です。 ■労働時間とは 「使用者の...

訪問介護事業所・登録型ヘルパー等の就業規則<キャンセル対応>

訪問介護事業所・登録型ヘルパー等を雇用する事業所では、ご利用者からの「急なキャンセル」が発生するケースがあります。 「キャンセル」が発生した場合、その職員に対して休暇を命じ、賃金を支払わないケースがありますが、その時の対応の仕方によっては「休業手当」を支払う義務が生じます。 「休業手当」を支払わないと行政の指導や調査の際に「未払い賃金」が発生していると捉えられてしまうリスクがあるので注意が必要です。 ■休業手当とは 休業手当については、労...

訪問介護事業所・登録型ヘルパー等の就業規則<移動時間>

訪問介護事業所・登録型ヘルパー等を雇用する事業所では、ご利用者宅から他のご利用者宅への「移動時間」が発生するケースがあります。 「移動時間」については「介護サービスを提供している時間ではない」ことを理由に無給としているケースがありますが実態によっては、「労働時間」になる場合があります。 そうすると行政の指導や調査の際に「未払い賃金」が発生していると捉えられてしまうリスクがあるので注意が必要です。 ■「移動時間」と「通勤時間」 ○通勤時間 ...

訪問介護事業所・登録型ヘルパー等の就業規則

朝に出社をして夕方になると退社するいわゆる「一般的な会社」と登録型ヘルパー等を雇用する「訪問介護事業所」は、働き方が異なります。 そのため、訪問介護事業所の事業主の方は「介護業界は特殊」「労働基準法を遵守しないといけないのはわかるが現実的には無理」と考えている人が多いように感じます。 しかし、行政の考えはまったく逆で「訪問介護事業所であっても労働基準法は適用される」という原則のもと訪問介護事業所に対する指導や取り締まりを進めています。 ...