就業規則のノウハウ

TEL
045-550-4671

就業規則のノウハウ

就業規則を作成しようと考える2つの場面

「就業規則を作成したい」とご相談をいただく中で、最近多いのは次の2つの場面です。どちらの方が良い、ということはありませんが就業規則に対する意識がまったく違います。■「助成金の申請をしたいから就業規則を作りたい」助成金の中には「就業規則の作成が必要条件」になっているものがあります。「助成金のために」「とりあえず」作るのであれば、厚生労働省の雛形を使ったり、10万円以下で安価に就業規則の作成をしたり、コストをかけないことも考えられます。■「会社を良く...

出張旅費規程と社会保険の関係

みなさんの会社には就業規則の一部である「出張旅費規程」は整備されていますか?「規程と社会保険料の節約がどう関係するんだ?」と疑問に感じた方もいるかもしれません。今回は、出張旅費規程と社会保険料の関係についてお伝えしていきます。出張旅費規程に規定される「出張旅費、出張日当」は、社会保険料の対象にも労働保険の対象にもなりません。ただし、このように取り扱うためには出張旅費規程を作成して事業主全体の制度として運用していく必要があります。■労働保険の対象...

休日と休暇の使い分け(2)

前回、会社としてのお休みを設定する際に「休日」と「休暇」を使い分けてくださいね、とお伝えしました。そうすると事業主さんにとって有利になることがあります。今回は、その理由をお伝えします。前回までのおさらい※3連休、でも法律上は週1日休みで良い?※休日と休暇の使い分け言葉の意味としては、次のように定義づけられます。休日:あらかじめ「労働義務がない日」と定められている日休暇:労働義務はあるが「労働の義務を免除する日」○1日8時間×一週間5日勤務=40時間...

休日と休暇の使い分け

前回は「休日」に関する原則的なことをお伝えしました。今回はその続きです。「休日」と「休暇」って使い分けていますか?前回のおさらいから労働基準法 第35条①使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。②前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。休みに関しては、労働基準法ではこれしか決まるがありませんでした。※ブログ記事:3連休、でも法律上は週1日休みで良い?休みの日数を検討する上でもう一つ考...

厚生労働省が公表┃「多様な正社員・無期転換ルール」対応のモデル就業規則(2)

厚生労働省が「多様な正社員・無期転換ルール」対応のモデル就業規則とその解説を公表しました。前回は、このモデル就業規則の中身を見る前に考えて欲しいポイントをお伝えしました。では今回は、内容についてもみていきましょう。前回もお伝えしましたが、行政機関のモデル就業規則は「労働者にとって」良い就業規則なのであって「事業主のための」「社長を、会社を守るための」就業規則ではない、ということです。この視点はぜひ、忘れないようにしてくださいね。 それでは...

厚生労働省が公表┃「多様な正社員・無期転換ルール」対応のモデル就業規則

厚生労働省が「多様な正社員・無期転換ルール」対応のモデル就業規則とその解説を公表しました。今回公表されているのは「飲食業」と「小売業」です。「社労士に依頼するとお金がかかるけれど、行政のモデル就業規則を使えばタダだ!」と安易に考えて導入してしまうと社労士に払う報酬以上のものを失うことになる、かもしれません。それでは今回は、このモデル就業規則(飲食業編)をみていきます。まず気を付けないといけないことは、行政機関のモデル就業規則は「労働者にとって...

就業規則の説明会で会社を一つに

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です 就業規則は作っただけでは意味がありません。 作った後、従業員さんへ「伝える」ことが 大事です。 そのために就業規則の説明会を行います。 就業規則の説明会と言うとなんとなく固く なってしまいます。 固くならないように「働き方の説明会」 と言ったりします。 「守らないといけないもの」 それも確かに...

「就業規則を作る」よりも大切なこと

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です 前回、お客さまのところで 【就業規則の説明会】を行ったことについて書きました。 「就業規則」と言われるとやっぱり構えて しまうところがあります。 「守らないといけないもの」 「ルール」 「厳しい」 「校則や法律みたいなもの」 こんなイメージがついてくるからです。 そこで「これから就業規則の説明...

就業規則は「伝える」ことが大切

会社のルール<作成・変更>アドバイザー 「伝える」就業規則コンサルタント 横浜市中区の社会保険労務士 久保田です。 <お問い合わせはこちら> ※初回のご相談は無料です 従業員さん向けの「就業規則の説明会」を 実施してきました。 今回、実施したのはクリニックです。 こちらのクリニックは神奈川県内に 4つ(今回5つめ)の医院を展開して います。 もともとの既存の4医院についても僕が 就業規則の作成から従業員さん向けの 説明会までを行いました。 同じ医療法人グルー...

「伝える」就業規則とは?

就業規則は「作っただけ」では意味がありません。 当事務所では、従業員のみなさんへ「伝える」ところまで しっかりサポートいたします。