就業規則の作り方

044-272-8880
受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

就業規則の作り方

就業規則・ワークルールの作成と手続き

就業規則を作成したら、それを有効なものにするためには一定の手続きが必要になります。 「就業規則は作成したが社員には見せたことがない」 「就業規則はなるべく社員には見せたくない」 という経営者の方もいますがそれではまったく意味がありません。 ■就業規則の効力発生 就業規則は、作成した後「従業員へ周知をして」初めて有効なものになります。 【届け出=効力発生】ではありません。 【従業員へ周知=効力発生】です。 それでは「届け出をしなくても...

就業規則・ワークルールの作成時期

「就業規則は従業員数が10人になったら作らないといけない」 「従業員数が10人になったら作れば良い」 と考えている人が多いです。 しかし、それでは間に合わなくなることも考えられます。 ■就業規則の作成及び届け出義務 常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない(労働基準法第89条)、と規定されています。 ここで言う「常時10人」とは、正社員だけではなくアルバイトやパートタイマー...

就業規則・ワークルールに定める内容と効力

就業規則には、必ずルールとして定めなければならない「絶対的必要記載事項」とルールとして定めるのであれば規定をする「相対的必要記載」があります。 「絶対的必要記載事項」と「相対的必要記載」を明記し、その他の就業規則を作成する上でのルールを守ればどのように作成しても、それは会社の自由です。 字体だったり、表現だったり会社に合ったものにアレンジすることが可能です。 ■絶対的必要記載事項 ① 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇 並びに交...